札幌の少子化問題に対する取り組み

少子化問題は、国全体の大きな問題となりつつあります。少子化の主な要因として、未婚率の上昇や夫婦間の出生児数の減少が挙げられます。札幌でも有配偶者出生率が低下して全国平均を下回ったため、少子化問題に対する取り組みが打ち立てられました。具体的には、保育所待機児童の解消や地域における子育て支援の充実、子供の育ちを支援するための対策、子育て支援の拠点の確立等が必要な対策として挙げられました。保育所の待機児童は全国的にも解消が必要とされている問題であり、働く女性が安心して出産・育児できる環境を整えるためには早急な整備が必要不可欠です。また、未婚率の上昇に歯止めをかけるために、市民の少子化への理解と多様な働き方の促進等が必要とされています。出生率を上昇させることができれば、都市の継続的な発展が望めます。子育て世帯の負担が大きくならないように様々な角度からの支援や環境整備が重要ですので、市民の理解と協力が必要です。