早期退職のメリットとデメリット

早期退職には2種類のタイプがあり、一定の年齢以上の従業員全員を対象として常時慣例的に行われるものと、企業などの業績の悪化に伴って実施される希望退職があります。企業で行われる希望退職の募集は期間や定員が設定されていて、応募した従業員がそれに達していない場合には、退職勧奨や整理解雇という形で人員の整理が行われます。メリットとしては退職金の割り増しや再就職支援などの優遇措置を受けられるという点で、デメリットとして考えられるのは優秀な知識や技術を持っていない場合は就職支援などを受けても希望する職場には配属されないことや、給与が下がってしまうことなどがあります。一般的には優秀な従業員は他に企業でも必要とされているために、希望退職をして転職してしまうケースが多く、結果的に事業者にとって人的資源を失うことになったり、早期優遇退職に応じた社員の退職を許可しない場合には公平性が保たれないことから、違法として訴えられることなどがあります。

求人 正社員 ジョブセンスリンク